学生に知ってもらいたい、仕事で必要な女性用スーツの選び方

女性用スーツの選び方とは
現在学生で、就職活動を控えた方、または就職活動中の学生の方、履歴書や面接の準備は万端でしょうか。
就職活動に不安を持つ学生の方がほとんどだと思います。その不安を払拭するためにも、就職活動の準備は万全に行いたいですよね。
この就職活動で、学生が困る問題のひとつに企業説明会や面接で着ていくスーツです。
中学や高校では学校指定の制服がありましたが、専門学校や大学では、私服でよかったため、正装として既にスーツを用意している人もいますが、就職活動という重要なシーンで、用意したスーツをそのまま使ってもいいものか、または、まったくスーツを持っていないという人もいるのではないでしょうか。
両親や先輩にスーツ選びのアドバイスを受ける人もいれば、紳士婦人服売り場のスタッフと相談してスーツを選んだ人もいるのではないでしょうか。
そして、女性にとって、このスーツ選びで悩む人は多いと思います。
女性の場合、男性用スーツとは違い、パンツとスカートという違いがある他にも、シャツや靴でも悩むポイントが沢山あります。
そこで、仕事の就職面接の前に、女性のスーツ選びのポイントをご紹介したいと思います。
就職面接から新人研修まで使えるスーツ選び
スーツを選ぶとき、就職面接で面接官に好印象を与えるスーツを選ぶことは大切ですが、新人研修でも着ることができるスーツを選んでおくことをおすすめします。
多くの新入社員の方がそうですが、就職活動で着用していたスーツを新人研修でもそのまま着ることがあります。これは男性でも女性でも共通することで、そのため、新人研修で着ることができるスーツを選ぶといいでしょう。
女性が就活、新人研修で着てもおかしくないスーツの特徴として、3つの特徴があります。
・派手ではないシンプルなスーツを選ぶ。
・紺色、または黒に近い紺のスーツを選ぶ。
・パンツとスカート両方を選ぶ。
派手でないシンプルなスーツとは、スーツの中にはストライプが入っていたり、光沢のある生地を使ったスーツがありますが、就活などで使うスーツにはストライプや光沢の入っていないスーツを選び、色は黒ではなく、黒に近い紺を選ぶのがベストです。
また、女性のスーツでパンツとスカート、どちらにするか迷うと思いますが、女性の場合、両方を用意しておくのが無難です。
パンツやスカートを場面によって変えることで、その場にあったスーツを着こなすことができます。
まずは、この3つの特徴を覚えて、スーツを選ぶようにしましょう。
スーツを購入するときの予算
良いスーツを買おうと思えば、数十万円のお金がかかります。オーダーメイドまでしてしまうとさらに高額なスーツはあります。
学生が購入するスーツとして、だいたいの予算は3万円前後です。
最近はリクルートスーツとして、1万円弱で購入することができるスーツもありますから、予算を3万円として、1万円のスーツ2着から3着用意することをおすすめします。
1万円のスーツときくと、「ショボい」なんて思ったかもしれません。しかし、就職活動や新人研修で、高価なスーツは何の役にも立ちません。
見る人が見れば、そのスーツの凄さに気がつく面接官や同僚、先輩、上司がいるかもしれませんが、ほぼ100%の企業は、スーツの価値ではなく、着た人の「身だしなみ」を見ています。
身だしなみをキレイにすること、その場で最もふさわしい格好が出来るかを見ているのですから、就職活動をする学生として、または新人としてふさわしい姿であればいいのです。
また、スーツを購入すると、小物も必要になります。その中で必要な物として、腕時計と靴です。面接官の中には、時間を守ることができる人の判断基準として腕時計をしているかどうか、細かな気配りができる人かどうかを見るために足元を見る人もいます。
こうした小物を購入する予算として、1万円のスーツを2着、そして腕時計や靴に予算を割くといいでしょう。
新着コンテンツ
求人は出している側の心理を読みながら見ていく必要がある
アルバイトもそれ以外の求人もそうですけど、法律上募集者を限定できないが、暗にそれを示唆しているケースがあるので、そういったことは知識として知っておかないといけません。

続きを読む...