求人では募集する側の心理も考える。

求人は出している側の心理を読みながら見ていく必要がある
アルバイトもそれ以外の求人もそうですけど、法律上募集者を限定できないが、暗にそれを示唆しているケースがあるので、そういったことは知識として知っておかないといけません。
知らないで応募してしまうと、向こうとしては対象じゃない人間からの応募ということで、全く相手にされないこともありますから。
例えば、「女性が活躍中」といった表記は代表例かと思いますが、こういった表記を求人に記載しているケースでは、女性しか募集していないという意図があるとされています。
全部が全部そういう意図があって書いているとは限りませんが、そういったケースが多いと思われるのです。
これは女性しか募集しないということができないため、それをストレートには書けないためです。
だから、ある意味隠語みたいな感じで、察してほしいという意味を込めて、そういった表記をして、できるだけ男性からの募集を排除したいという思惑があるのではないか?と推測されます。
こういった知識は知っている人は知っているものの、知らない人は知らないです。でも、求人に何度も応募したり、求人について調べていると知る機会があると思いますから、その都度求人独特の表現方法について勉強をしていければ良いと思います。
書いてあることをストレートに理解するのではなく、求人を出す側の心理面も考慮して解釈しないといけないことが多々あるということです。